SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

夢コミネット 元気ブログ

夢をかなえるNPOの活動の様子や事業報告を発信します!
<< 青少年自立支援ボランティア育成講座  第5回  | main | 若者仲間づくりセミナー 1月 >>
青少年自立支援ボランティア育成講座  第6回 
0
    12月16日「青少年自立支援ボランティア育成講座」第6回 

    連続講座の最終回となる第6回は、「共に生きるためのコミュニティと連携 学びを活動につなげる!」でした。
    ファシリテーターは夢コミ若者応援担当の田中亮太が務めました。


    最終回は、これまでの学びを受講者皆さんの活動につなげることが目的の回です。
    そのために、講座のふりかえりと応援者としての情報を使った交流を行うワークを行いました。

    まずふりかえりワークでは、
    現場の声をたくさん聴けたこと、さまざまな支援の方向や意識を学んだことで、皆さん充実した受講となったようでした。
    また、各講師との出会いから受けた感銘も大きかったとのことです。
    受講者同士も非常に積極的に学びを話し合っていて、良い気づきの共有ができました。

    〜あったらいいな、こんな若者応援〜
    こんなテーマで人、もの、サポート、場所などのアイデアを出し合うワークも行いました。
    「相談やコーディネートをする人」「話せる場所、遊べる場所」「自然」など、たくさんの意見が出て、応援のアイデアは人の数だけあるのだなと感じました。

    最後は「若者応援シート」という応援者としての情報を書き込む用紙を使い、それを使って受講者同士でコミュニケーションするグループワークを。
    個人・団体それぞれの情報を使って、有機的な話が生まれました。

    講座は来年のプラスワン講座で終了となりますが、大切なのはその後の各自の活動です。
    活動を充実させ継続していくこと、それぞれが有効に活動するための連携が重要になります。
    最後にこのことを改めて受講者皆さんに伝え、講座の学びを活動につなげる呼びかけをして終了しました。

    いろいろな方が受講され、講師や受講者同士の出会いから多くの学びが生まれる講座になったと感じています。
    若者・青少年の応援について具体的な情報を知ること、応援者にとって必要とされる意識やスキルを学ぶこと、
    そして各応援活動をつなげることが若者・青少年たちのため、応援者のためにもあることなど、大事なことが詰まった非常に良い講座となりました。

    今後どんな形となって学びが活かされるのか、とても楽しみです!

    各回の講師の方々、そして受講者の皆さん、どうもありがとうございました。



    〜プラスワン講座について〜
    日程:2010年2月24日(水)
    時間:13:30〜15:30
    場所:都筑公会堂第一会議室
    内容:その後の皆さんの活動を知らせてもらうとともに、これからの活動に必要なものを学びあう場所にする予定です。


    若者応援担当 田中亮太
    | 講座 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。